自分の子供を愛せないのは誰だって起こりうること

自分の体調が悪い時に、子供が言うことを聞いてくれないと
子供に対して苛立ちを感じてしまう人が多いです。

これは普段子供をどれだけ愛している人でも
起こりうることです。

 

最近は共働きの家庭が多いため、
女性であっても平日は仕事で忙しい人が多いです。

仕事と家事の疲労が蓄積し、
常に体調を崩しているような状態の人もいます。

 

そのような人は子供に対して、
イライラすることが増え、本当に自分が子供を愛しているか
不安になってくるのです。

 

仕事中は家に帰ったら子供に優しくしてあげようと思っていても、
実際に帰ってみると子供の我が儘に対して叱責してしまうのです。

 

その繰り返しにより、
どんどん愛している自信が持てなくなります。

 

そういう場合は、休日に子供を保育してくれる施設に
子供をあずけると解決することがあります。

 

自分は休日を子供と過ごさない冷たい親という
後ろめたさを感じるもしれませんが、それは間違いです。

休日に自分の体を回復させることにより、
子供に対する苛立ちを起こりにくくするのです。

これは子供と親の両方にとって幸せなことです。